都心のダイビングショップの写真

東京のダイビングショップに飾ってある海の写真がキレイで、通るたびに見ていました。

ある日、あまりにも見ているので店員の方に声をかけられ店内へと入りました。

話を聞くとベテランのダイバーの方でもう20年以上も海に潜って写真を撮っているとおっしゃっていました。

写真はアメリカやオーストラリアのものもありましたが、1番きれいだと思ったのは沖縄の海の写真でした。

ウミガメはなんだか昔話で見たものとそっくりに感じましたし、マンタやエイはまるで空を飛んでいるかのように泳いでいました。

普段は絶対に見られないようなキレイな魚も多く、ファインディングニモに出てくるクマノミも沖縄の海では見られるそうです。

ダイビングショップでたくさんの写真を見て、かなり沖縄の海に行きたい気持ちが募りました。

店員さんによると基本的に1年中ダイビングはできるそうですが、冬は寒くて我慢できないだろうなと思います。

しかし冬から春にかけては何とクジラがいることが多く、一緒に泳いでいる方もいるそうです。

クジラは見ることがあっても、一緒に泳ぐという体験はなかなか出来ないだろうなと思いました。

店員さんはいろいろな海に潜ってきたけれど、結局沖縄の海が1番好きだと言っていました。

沖縄の海には生き物が多く、サンゴ礁もキレイなので、本当に竜宮城にいる感覚になるそうです。

ダイビングは怖くてできないという場合でも、底がガラス張りになっている船に乗ればたくさんの生き物を観察できるそうです。